関西医療学園の勉強会「実践!動作分析」に参加してきました!

こんにちは! リハビリの内堀です。ヽ(^。^)ノ
先日、関西医療学園で開催された「実践!動作分析」についての研究ゼミナール(勉強会)に参加させていただきました。
オアシスでは毎年理学療法士を目指す学生さんの臨床実習を受け入れ、教育研究提携施設になっています。
今年も研究ゼミナールにお声をかけていただきました。
講師は西守隆先生です!(写真提供は金井先生)

日常生活、入所フロアで自分でどれくらい動作ができるのか・・?
補助具は必要か・・?それもどの補助具なのか・・? 今、その方が獲得しなければならない機能は?動作は?
なぜ、その人はその動きなのか?考えることがいっぱいです・・・
動作は「カモフラージュされている」!!

何を?どのように?その見きわめのコツ、方法をわかりやすく講義していただきました。
講義中、オアシスのご利用者さんのお顔が、次々に浮かんできました。あのご利用者さんはどうなのか?・・このご利用者さんは・・?
次回のリハビリでこの検査をして・・この動作を見てジャッジする・・と、頭の中がどんどん整理されていきました。
「人」の動作を観察し生活の質(QOL)をあげていく。

その一つの職業に私たち理学療法士がいます。
また、仕事をする上で他職種の方々との連携が欠かせません。

関西医療学園の先生方、ありがとうございました!

リハビリテーション 内堀 前田 小川

One thought on “関西医療学園の勉強会「実践!動作分析」に参加してきました!

  1. ありがとうございます。
    本人の西守です。そういっていただけると、嬉しいです。理学療法士による動作分析は、些細な関節運動の違いを見ることだけに焦点が置かれがちですが、大事なのは環境、条件の中での課題遂行に実用性があるのかを見積もることだけが最も大切なことです。
    その後の患者様への対応で、患者様の変化や先生気づきなどありましたら、西守にこそっと教えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です