第6回オアシス学術研究発表会 最優秀賞決定!

こんにちは 教育委員会の德廣です(#^.^#)
6/24(木)25(金)の二日間に亘っての『第6回オアシス学術研究発表会』、発表10演題の中から ‘‘ 最優秀賞 ‘‘ が決定しました!

評価は副主任以上の役職者による発表内容・プレゼンテーションスキルの5段階評価です
①内容:テーマ選定の着眼点・研究の目的や結果、考察が明確に 示されているか
②プレゼンテーション力:聴きやすい説明や表現力・割り当て時間 におさまっているか などを評価しました

最優秀賞 は・・・・・・・

介護老人保健施設オアシス リハビリテーション科による「通所リハビリテーション利用中の長時間座位姿勢の影響」についての発表でした
発表者は大谷統括科長(理学療法士)です

受賞者の大谷統括科長には、理事長より賞状とトロフィーが贈呈されました(#^.^#) 大谷科長も緊張した面持ちです

記念写真!笑顔の理事長と大谷科長、いつもの優しい雰囲気にもどり場も和みます 笑顔が一番ですね(#^.^#)

今回の反省点と今後に向けて理事長、大谷科長から・・・会議出席メンバーは真剣に耳を傾けています

来年の第7回オアシス学術研究発表会に向け各部署での取り組みは既に開始されているようです
次回このトロフィーを手にするのは何方でしょうか

オアシス法人理念として掲げている『安心・健康を提供します』の実現、ご利用者様・ご家族様の笑顔と健康を目標に、職員一同、学びを継続してまいります(#^.^#) 宜しくお願い致します

 

教育委員会 前田、德廣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です