感染症対策特別講座を開催致しました

特別養護老人ホーム オアシス寿安(平野区長吉六反) 生活支援課の曽根です
12月4日(金)神戸大学医学部附属病院 感染制御部 宮良 高維 教授をお迎えして、感染症対策特別講座「新型コロナウイルス流行下の感染対策」を開催致しました
当日は大阪市平野区・東大阪市、5つの会場をオンラインで結び、オアシス職員を対象とし、3密を避け感染症対策を施して行いました

今回の講義では、新型コロナの広がり方や予防策について、基本から大変わかりやすくご説明いただき、介護現場における、日常会話や排泄介助時、また吐物や汚染された寝具や寝間着、床や接触頻度の高いドアノブやベット回りなど気を配らないといけない箇所が改めて理解できました

手指衛生においては、手順と方法、タイミングについて、詳細をお話しいただきました
特に、目・鼻・口・頭髪・眼鏡など肩より上に手を上げる前のタイミングに実施することの重要性については、大変参考となりました
さらに、消毒薬、個人防護具・マスク・手袋・ガウンの使用についても、大変わかりやすく解説いただき、職員の理解と認識を一層深めることができました

最後に、「新型コロナウイルスの今後の展開やワクチンの有効性」という私たちにとって、非常に興味深い質問にも丁寧にお答えいただき、大変有意義な時間となりました
宮良先生のご講義で学んだ事を現場に活かし、入所者様に「安心・健康」を提供し続けて参ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です