オアシス職員勉強会「インフルエンザについて」を開催しました

グループホームオアシスきずり、介護職の浦です
この度、感染症対策委員会主催による勉強会「インフルエンザについて」を開催しました

 

今回の勉強会においては、インフルエンザを予防する「5つの対策」として以下の内容について講義がありました

① かかりつけ医師の指示に従った治療を受ける
② 安静にして睡眠をとり、過度な運動は控える
③ 必要以上にストレスを感じた場合、心の安定を保つ
④ 咳、くしゃみ等の周囲への二次感染予防のためマスク着用をする
⑤ 人混みや繁華街への外出を控える、職場、学校に無理して行かない

 

また、普段手洗い、うがいはもちろんの事、予防する栄養素
タンパク質(免疫材料)、ビタミンc(抵抗力をつける)や発症~回復~復帰の過程
風邪との症状の違いなど様々な場面での対策、予防を講義されました

 

予防・早期発見が発症・感染を防ぐ唯一の手段であり、これは今現在の新型コロナウィルスにも言えることであり、勉強会を通じて改めて予防の必要性を実感致しました
今、社会全体が疲弊し、ストレスを感じています
身体的な事、精神的な事、気づいてもらう事、気づく事、自分一人ではなく周りの人間に勇気を持って行動に移すことで「対策」になると感じています

 

オアシスではビデオ中継、朝礼などを通して、感染予防には周知徹底しておりますが職員が持ち込まない努力、感染を拡大させない為に身体的にも、精神的にも、予防をし安心と健康、そして活力を提供できるよう努めてまいります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です