オアシス職員勉強会「ケアリスクマネジメントの理解」を実施しました

こんにちは 老健デイケア・ショート(平野区平野南) 勝本です
7月17日(金)に、医療安全推進/虐待防止・身体拘束廃止委員会主催で老健支援相談課 後藤課長による勉強会が開催されました

介護老人保健施設オアシス(平野区平野南)の2階の会議室をメインに同フロアのデイルーム、特別養護老人ホームオアシス寿安(平野区長吉六反)、デイサービスオアシス長瀬(東大阪市小若江)の4つの会場で、それぞれ「ソーシャルディスタンス」に配慮した座席配置で開催いたしました

「刑事事件になった場合」「刑事事件と行政処分との違い」等、身近でアクシデントが発生した際の受け止め方や対応次第でその後の展開が大きく異なってくることを、分かり易く説明、指摘されないと気付かないポイント、多くの職員が熱心に聞き入っていました

事故や問題が発生した際、当事者や関係者を責めるのではなく、原因究明の過程で今後の取り組み課題も明確になってくることから、「自分がこうしていれば・・・事故は防げたかもしれない」など一層思いやりを持ち合える職場に進化できるのではと感じました これからも実践的で役立つ勉強会の開催をよろしくおねがいいたします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です