第20回介護職員研修を実施しました

213日(金)と19日(木)に大阪城南女子短期大学 人間福祉学科の小林 孔教授をお迎えし、福祉国語と題し「手紙や伝言メモの書き方」の研修会を実施いたしました。その内容をご報告いたします。


介護研修②.jpg

ご講義頂いた

城南女子短期大学

人間福祉学科

小林 孔教授







研修会のタイトルにつられ、興味深々で参加し、期待を裏切ることのない内容で、非常に勉強になりました。

縦書きの便箋を渡され、前文・主文・末文・後付け・副文という構成で、小林教授に誘導されながら、参加者が各々手紙をしたためてみました。


介護研修③.jpg











悪戦苦闘ではありましたが、時候のあいさつや、頭語と結語など、様々な文言があり学び多い時間でした。又、ビジネス上でのメモの取り方の勉強もあり、いつ、誰が(誰から)、どんな事があった?とメモ記入の上での最低条件の話も頂きました。


介護研修①.jpg



















普段、メール等の普及により、なかなかペンを持ち書く機会の減った手紙。

今回の勉強会を受講し、誰かに手紙を書きたくなりました。


 老健入所介護  松山 修一郎