夜桜見物

こんにちは!老健入所介護の出島です
先日、造幣局の桜の通り抜けに行ってきました

予定していた夜桜見物でしたが、あいにくのお天気で傘の花もあちこちに咲いていました(^_^;)

通り抜けとは、表門(南門)から入り、裏門(北門)へ抜け・・・
つまり「後戻りできない」 というところから通り抜けの名前がついたそうです

まあ、のんびり缶ビールでも片手に・・・と、思っていたら敷地内は飲食禁止でした(・・;)
当たり前のことですね(笑)

全長560mの通路では、大半は遅咲きの八重桜らしく、一般的なソメイヨシノは1本しかないとか・・・

事の始まりは、明治16年当時の局長が「局員だけの花見ではもったいない!
市民と共に楽しもうではないか」とおっしゃって下さったのがきっかけで、
浪速の春を飾る風物詩として100年以上経った今でも、私たちを楽しませてくれるのですね(^^♪
生まれてから今までずっと大阪に住んでいた私ですが、初めて造幣局の通り抜けに来ました
小雨の降る中でしたが、十分に桜を楽しむことができました

ぜひ皆さんも楽しんできてください。飲食禁止ですがね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です