一足お先に、春が来ました

こんにちは!老健 管理栄養士の菊永です。
先日、初めて京都府立植物園に行ってきました。
京都府立植物園は1924(大正13)年に開園した、
日本最古の公立総合植物園です。
歴史深いですねー!

花の時期には少し早く、
梅がちらほら咲いているような状態でしたが、
一角に桜の花が!!

早咲きの桜として有名な
「河津桜(かわづざくら)」です。

静岡県が有名ですが、私は本物の河津桜を
初めて見ました。

温室の中にもたくさんの植物が
展示されていました。

外が寒すぎたので温室に
避難してしまいました…笑

見たことのない珍しい植物がたくさん!


「ガガクノマイ(雅楽の舞)」という
何とも雅なお名前の植物がありました。

中にはおサルの顔にそっくりの
植物も展示されていました。

「モンキーオーキッド」という
ラン科の仲間だそうで

南米エクアドル北部~コロンビアにまたがる
標高1700m~2600mの高地に

生息しています。

植物園はソメイヨシノや新緑の季節にお花見や
ピクニックの人でにぎわいます。

暖かい季節が待ち遠しいです~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です