人生初?! 美術館のハシゴ。

営業企画部の曽根です。
休日とはいえ、 一人の時間を作ることは
なかなか難しいのですが、おもしろそうな
展覧会が重なり「いつ行くの?今でしょ!」
と思い立ち、7/3(日)に京都市美術館
(市美)と、京都国立近代美術館(近美)に
行ってきました。

市美と近美は、有名な平安神宮のでっかい
鳥居を挟んで向い合せにあります。

IMG_3186

―― まずは、市美の『ダリ展』 ――

IMG_3188

入ってすぐに、美術の教科書でお馴染みの
空間があります。

SNSを狙ったモノでしょうか?
ここのみ撮影がOK!

撮影用の場所を用意してあるなんて、
時代を感じました。

IMG_3192

IMG_3194

まだ始まったばかりだからでしょうか、
3年ほど前にゴッホ展を見に来た時に
比べると、人が少なく観やすかったです。

シュルレアリズムの画家として最も有名と
言える、サルバドール・ダリですが、
いい意味で“ダリ”な作品ばかりでなく、
ピカソらからキュビズムの影響を受けた
作品や、映画や舞台など、幅広くダリを
知ることのできる内容でした。
ピカソもそうでしょうが、ビジネスとして
のアートを成功させた人だと感じました。

IMG_3198

久しぶりに市美にきましたが、この京都
らしい歴史を感じる佇まい、建築物と
しての空間も魅力的で、やっぱりココ…
大好きです。

IMG_3184

―― 次は、近美の『ポールスミス展』 ――

IMG_3181

写真OK!SNSヨロシク!な今ドキの展覧会。
チケットを購入するともらえるピンクの
イヤホンを装着して、各作品横のQRコード
からアクセスすると、俳優の松田翔太さん
による作品の解説が無料で聴けるんです。

IMG_3220

IMG_3208

IMG_3212

ノッティンガムに出店したわずか3m四方
の最初の店と、若き日のポールスミス。
直筆のメモやデザインステッチも観れます。
(デザインステッチは妻ポーリーンのもの)

IMG_3217

IMG_3223

オフィスの再現。雑然としていますが、
インスピレーションのヒントに溢れて
いるのです。

ポール・スミスが初めてコレクションを
発表した、当時のホテルの部屋の再現。
シャツが6枚とセーターが2枚、スーツは
2着だけ…

最終日に1人のバイヤーが来ただけ
だったそうです。

IMG_3218

これが、もらったオリジナルイヤホン。

IMG_3239

作品解説のおかげで大満足な内容でした
が、よくよく考えるとこれが無かったら
物足りなかったかも…(笑)
とにもかくにも、ポールスミスのことを
深く知り、身近に感じることができて、
より一層好きになりました。

 人生初の美術館ハシゴのご報告でした。