新イベント「ちぎり絵」

こんにちは! デイサービスオアシス長瀬の藤木です
今日は新しいイベント「ちぎり絵」の紹介をさせていただきます
ご指導いただくのは絵手紙で大変お世話になっているオアシスではお馴染みの田辺先生です
絵手紙では利用者様も慣れ親しんだイベントだけあってスタートから筆も進みますが、ちぎり絵で使用するのは新聞です
新聞の色が付いた部分を手でちぎり、台紙に貼っていきます
開催第1回目では「花」、第2回目は「ねずみ」と「風船」でした 下書きはせず、ちぎった紙を直接貼り付けていきます


どの位置にどの位の大きさにするか、また何色にするかなど構想を練りながら、文字の多い新聞の中から色の付いた部分を探し細かくちぎっていきます
最初は戸惑っていたご利用者様、職員が先頭をきって作業を進めると、あとを追うように行っていただけました



「黄色欲しいわ」「ここあるで」などの会話も聞かれるようになり、時間が経つにつれ色々なアイデアも浮かんできます


色の部分だけを使う人もいれば文字の部分も使い面白い作品に仕上げていく人、オリジナルを加えていく人…同じ作品でもそれぞれの個性溢れる作品となりました



 

指先をしっかり動かすことの出来たイベントになったのではないでしょうか
次回3回目の開催に向けて、色の部分が多い新聞の回収に努めて参ります

楽しみに待っててくださ~い♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です