オアシス広報誌「Azure 2022年1月号」発刊のお知らせ

昨年は、新型コロナウィルス過去最大の流行となった第5波も訪れる中、多くの皆さま方のご支援とご協力を賜りましたこと、衷心より感謝申し上げます。

コロナ禍での暮らしも気付けば2年が経過し、私たちの生活に大きな変化をもたらしました。Web会議やテレワークが登場し、レジ袋廃止といった環境への配慮も生まれました。環境問題への取り組みは年々広がりを見せていますが、便利さを求めるあまり、私たち人間がいかに地球に対して身勝手な振る舞いをしてきたか痛感した一年でもありました。

そんな折、婦人雑誌で「風の時代」という記事を目にしました。200年以上続いた「地の時代」が終わり、2020年12月から「風の時代」が始まったそうです。「地の時代」は物質やお金など見える物を求め、物を所有することで満足感を得るという価値観の時代でした。新しい「風の時代」は、「風」が目に見えないように、情報や知識など形のないものが意味を持つようになり、精神や 人間性の豊かさを重視する時代と書かれていました。自由で多様性に富んだ、フレキシブルな時代がもう訪れているとのこと。

当施設でもスタッフが積極的に研修や勉強会に参加してくれていることや、ご家族様との面会が難しい日々にオンライン面会を工夫して頑張ってくれていること、またベトナムやミャンマーなどからもスタッフが入職したことなどを考えると、「土」から「風」、ボーダレスの時代へと遷移しているのを感じます。人の心のあたたかさや努力・工夫することの素晴らしさも味わった一年でした。

この原稿を書いている時にふと「もったいない」―この言葉を思い出しました。環境問題を考える時、昭和の暮らしを振り返ってみるとたくさんのヒントが見つかります。「もったいない」精神が当たり前だった暮らしの中には、モノを長く大切に使い、限られた資源を無駄遣いしないための先人達の知恵が眠っています。新しい「風の時代」に日本の「MOTTAINAI」精神が世界中に広がり、穏やかで素晴らしい時代が来ることを心より願います。2022年は新しい風を感じながらも、「もったいない」の精神を大切に、精進して参りたいと存じます。

新しい「風の時代」である令和四年が皆さまにとってお幸せな一年になりますようお祈り申し上げます。

 

Azure の印刷はこちらから

 

< 読者アンケートご協力のお願い >

本誌「Azure」のより良い紙面づくりに向け読者アンケートを準備いたしました。
下記リンク、QRコードよりアクセスしてご質問にお答えください。ご協力よろしくお願いいたします。
(期間:2022年3月31日まで)

アンケートフォームはこちら→ https://forms.gle/n1rtcA9YhQRfABfv9

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です