「パワーポイントほぼ初級コース」勉強会

こんにちは!IT委員の山下です

今回IT委員主催の勉強会「パワーポイントほぼ初級コース」を行ないました
オアシス内では、パワーポイントを使って発表する機会が多く、パワーポイントをほとんど使用したことがない方を
対象に、11/10(金)・11/24(金)の2回に分けて行い、参加数は定員の18名の満席で、2人に1台パソコンを使用して進めて行きました

IT委員がサポート役として、いつでも分からないことがあれば質問できるように待機していました
1回目は基礎編を中心にわかりやすく丁寧に進めました

2回目は少し応用編を取り入れ、少しづつパワーポイントの知識を深めていきました

2回とも参加された人は、少しでもパワーポイントの操作方法が学べたのではないかと思います
僕も受講者として参加し、すごく勉強になりました
また、IT委員主催の勉強会があるときは参加していきたいと思いまた

老健 入所フロアでの「AED使用方法」の実演会

こんにちは!今日は老健入所介護では、ご利用者様やご家族と共に行う勉強会をお伝えします

12月6日(水)、株式会社オムロンヘルスケア様による「AEDの使用法」の実演勉強会を行いました
職員、ご利用者様、ご家族様と共に「命を助ける」ための救命処置方法を教えていただきました

意識を確認して心マッサージを行い、AED使い方を 丁寧に教えてくださいました

AEDの機械に初めて触れたという職員もいて、とて勉強になりました

参加して下さったご家族の方からは、「命助かった!良かった、安心(^^)」 と言うお声と、力強い拍手をいただきました
また、職員一同はご利用者様の命 健康管理への責任を改めて実感する機会となりました

株式会社オムロンヘルスケア様 本当にありがとうございました!

今年最後の介護実践研修を実施しました

営業企画部の西田です

12月12日(火)に介護老人保健施設オアシスにて、大阪城南女子短期大学 宮崎恭子准教授を
お迎えし
『「食事」に関連したこころとからだのしくみ』を実施いたしました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市) による二元中継でした

からだをつくる栄養素のご説明から始まり、食べることに関連したからだのしくみについて、
消化器・各部位の役割などをプリントに沿って
わかりやすくご説明いただきました

人は食べることができなくなると、その人の最期も早いのではないかと思いますとお話いただきました

そして、食べるということは、ただ栄養を摂る目的だけではなく、
五感や雰囲気、好物など、食べる楽しみを持つことが大切で
それを提供するのが介護の仕事の重要な役割なのではないでしょうかと
ご教授いただきました

城南短期大学の先生方には今年も大変有意義な研修を実施いただきありがとうございました
そして、職員の皆様一年間お疲れ様でした

来年は1月29日(月)大阪城南女子短期大学 前田教授をお迎えしご教授いただきます
来年もよろしくお願いいたします

オアシス特別講座「増加する認知症の診断と対策」を開催しました

介護老人保健施設オアシス 支援相談員の山下です
平成29年12月8日(金)に関西医科大学精神神経科学教室の木下利彦教授をお迎えして
オアシス特別講座「増加する認知症の診断と対策」を開催いたしました

今回も、平野区の介護老人保健施設オアシスと東大阪市のデイサービスオアシス長瀬との二元中継で行いました

木下教授が認知症の種類やそれぞれの症状の特徴などを画像やグラフを用いて丁寧に分かりやすく
説明していただきました

当日はオアシス各部署の職員のほか、近隣の居宅支援事業所のケアマネジャー様をはじめ、
外部の介護関係者の方々にも多数ご参加いただき、みなさんメモをとられるなど熱心に聞いておられました

講座の中で、嗅覚低下と認知症に関するお話しがありました
レビー小体型認知症やパーキンソン病、アルツハイマー型認知症の方には嗅覚障害がみられる確率
が高いそうで大変勉強になりました

質疑応答の時間では、嗅覚障害と認知症の診断について質問されるなど、
嗅覚障害と認知症の関係についてみなさん高い関心を持たれたようです

認知症の理解は介護の現場において最も重要なテーマのひとつです
今回の講座を通じて認知症についてより深く学ぶことができたと思います
木下教授をはじめ講座の開催にご尽力された方に感謝申し上げます

介護職員研修を実施しました

営業企画部の西田です
11月28日(火)に介護老人保健施設オアシスにて
大阪城南女子短期大学 人間福祉学科の緒方都講師をお迎えし、
研修会『からだのしくみの基礎② 感覚器』を実施いたしました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)
による
二元中継でした

前回5月にお越しいただいた時は、からだのしくみの基礎についてのお話でしたが
今回は『感覚器』といわれる「皮膚」と「眼」と「耳」に焦点を当てて、
その
構造や働き、病気について詳しくご説明いただきました




眼の病気については「加齢黄斑変性」について学びました

網膜中心部の黄斑に変性が生じて、視野の一部が見えなくなったり、失明する病気です。
加齢にともなって発症しますが、高血圧や心疾患、喫煙、テレビやパソコンなどによる
眼の酷使なども関係していると考えられています

 


〈日本眼科学会ホームページより〉

 

後半は先生にご持参いただいたDVDで感覚器についての解説を鑑賞しました
とてもわかりやすく面白い映像でした

からだのしくみについてたくさんの知識を得ることができました

職員のみなさまお疲れ様でした

オアシス職員勉強会「アロマの効用」を開催しました

平成29年11月17日(金)、オアシスグループの環境美化委員会と教育委員会の共催で、
ナード認定アロマテラピートレーナーの木下敦子様を講師にお迎えし、
【アロマの効用】という演題でご講演いただきました

まずは、精油(エッセンシャルオイル)について、ご説明いただきました

御存知でしたか?
「精油」とは、水蒸気蒸留によって得られる芳香分子の集まったもの
純粋な有効成分が濃縮された、揮発性の芳香物質です

採取できる量は種類によって異なり、1kgの精油を作るのに、
ラベンダーなら15kg、バラならなんと4tも必要なのです(! ! !)
質の良い「精油」が高価なことに、納得!

『よい香りを ” 嗅ぐ ” こと』

香りは嗅覚神経を刺激し、五感の中で唯一、大脳辺縁系に直接シグナルが届きます
まさに「芯からリラックスできる」効果大です

実際に様々な香りを嗅いでみます

爽やかな香りの、レモンバーム&ペパーミントをブレンドしたハーブティ・・木下講師のお土産です♪

精油にまつわるお話の後、テーブルごとに、
複数のオイルを配合してお好みのルームスプレーを作成しました

にぎやかでとても楽しい講習会になりました

精油・無水エタノール・精製水があれば、どなたでも簡単に作れますので、
好きな香りで「我が家のルームスプレー」を作ってみてはいかがでしょう(^^)

(教育委員会 委員 中島美和子)

介護実践研修「高齢者虐待防止研修⑦」

こんにちは、営業企画部の西田です



平成29年10月23日(月)、介護老人保健施設オアシスにて大阪城南女子短期大学
前田教授をお迎えし、『高齢者虐待防止研修⑦』をご教授いただきました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)による二元中継でした

今回はパワーポイントに沿ってこれまでのおさらいから虐待について詳しくご説明いただきました



心理的虐待が疑われる言葉もシーンによって様々にあります






身体的虐待は身体に「傷」や「あざ」など「痛み」を与える行為で
心理的虐待は心に「傷」を残してしまう行為だとお話いただきました
『悪意がなかった』は基本却下されます

虐待防止の会議や委員会等での虐待の範囲の相互理解が大切で
相互の行動を観察して意見が言える、相談に乗れる環境づくりが
最も効果的だとお話をいただきました

41枚のスライドを使用してお話いただき、とても内容の濃い研修会となりました
職員の皆様お疲れ様でした

オアシス職員勉強会「インフルエンザについて」を行いました

デイサービスオアシスきずりの濱田です
10月20日(金)、介護老人保健施設オアシスにて「インフルエンザについて」の勉強会を、
東大阪会場と2元中継で行いました

では、その内容をご紹介します

これから流行してくると予想されるインフルエンザに対し、その知識を前もってしっかり身につけておくことで、
職員自身やご利用者様への予防やその対応に役立てていこうとするもので、これまでくりかえし行ってきたテーマでもあります

まずインフルエンザと風邪との違いについての説明から始まり、その検査方法や合併症、
また発症中の対策や予後まで細かく学び、そこから次にインフルエンザにかかりにくくする身体を
つくるための方法や食材選びまでを勉強致しました



予防方法のひとつとして、その中でもやはり大切なのは『手洗い』ですね
今更とは考えず、そこもきっちりと勉強して正しい手洗いを徹底していきたいと思いました

最後に質疑応答を行って勉強会は終了

とても分かり易い内容で、すぐに実践可能な予防方法も学びました
今後職員やご利用者様へのインフルエンザ対策にとても活かせる有意義な勉強会となりました
感染症対策委員会の皆様、有難うございました!

第18回 いきいき健康講座を開催しました

こんにちは、営業企画部の西田です

先日、木下内科クリニックで川口貴行院長による
第18回 いきいき健康講座「糖尿病教室 ー運動療法編ー」を開催しました

今月の体育の日に配布した折込みチラシをご覧になった多数の方々にお越しいただきました

はじめに糖尿病がどんな病気かという説明と、運動療法についての前半、後半3つに分けて
要点をまとめてご説明いただきました

 

グラフやイラストを使ったとてもわかりやすい説明で、みなさんメモを取りながら熱心に
耳を傾けておられました

糖尿病には有酸素運動がとても適しているようです

その運動療法についても細かな注意点があり、表でわかりやすくご説明いただきました

最後の質問コーナーではみなさんが疑問に思っていること、 ご自身の体のことなどのご質問があり、
川口院長が丁寧にお答えされていました

 

あいにくの雨の中、お越しいただきありがとうございました

次回も多くの方々のご参加をお待ちしております!