介護職員研修を実施しました

営業企画部の西田です
11月28日(火)に介護老人保健施設オアシスにて
大阪城南女子短期大学 人間福祉学科の緒方都講師をお迎えし、
研修会『からだのしくみの基礎② 感覚器』を実施いたしました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)
による
二元中継でした

前回5月にお越しいただいた時は、からだのしくみの基礎についてのお話でしたが
今回は『感覚器』といわれる「皮膚」と「眼」と「耳」に焦点を当てて、
その
構造や働き、病気について詳しくご説明いただきました




眼の病気については「加齢黄斑変性」について学びました

網膜中心部の黄斑に変性が生じて、視野の一部が見えなくなったり、失明する病気です。
加齢にともなって発症しますが、高血圧や心疾患、喫煙、テレビやパソコンなどによる
眼の酷使なども関係していると考えられています

 


〈日本眼科学会ホームページより〉

 

後半は先生にご持参いただいたDVDで感覚器についての解説を鑑賞しました
とてもわかりやすく面白い映像でした

からだのしくみについてたくさんの知識を得ることができました

職員のみなさまお疲れ様でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です