介護実践研修「高齢者虐待防止研修⑦」

こんにちは、営業企画部の西田です



平成29年10月23日(月)、介護老人保健施設オアシスにて大阪城南女子短期大学
前田教授をお迎えし、『高齢者虐待防止研修⑦』をご教授いただきました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)による二元中継でした

今回はパワーポイントに沿ってこれまでのおさらいから虐待について詳しくご説明いただきました



心理的虐待が疑われる言葉もシーンによって様々にあります






身体的虐待は身体に「傷」や「あざ」など「痛み」を与える行為で
心理的虐待は心に「傷」を残してしまう行為だとお話いただきました
『悪意がなかった』は基本却下されます

虐待防止の会議や委員会等での虐待の範囲の相互理解が大切で
相互の行動を観察して意見が言える、相談に乗れる環境づくりが
最も効果的だとお話をいただきました

41枚のスライドを使用してお話いただき、とても内容の濃い研修会となりました
職員の皆様お疲れ様でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です