オアシス職員向け介護実践研修を実施しました

こんにちは、営業企画部の西田です

8月29日(火)に介護老人保健施設オアシスにて大阪城南女子短期大学山本永人教授をお迎えし、
介護実践研修『介護職員のメンタルヘルスを考える
~グループワークを通じて~』を実施しました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)による二元中継で多数の職員が参加しました。

今回はグループワークでの研修となりました
狙いは「価値観の違いを知ること」です

山本教授が朗読した物語に出てくる登場人物5人の好感度の順位をまずは個人でつけていき、その理由も書き出します

次にグループ内でお互いがつけた順位を発表し、話し合い、グループとしての順位を一つにまとめていく、という課題でした

お互いに発表した順位はバラバラで人それぞれの価値観の違いに驚きました

そしてその価値観をひとつにまとめることが大変でした

しかし他の方の意見を聞いていくうちに共感する部分が出てきます

価値観を受け入れないことが介護のいらいらにつながるそうです

今回の研修で価値観は一つではない、
価値観は変えることができるということを学びました

職員の皆様、お疲れ様でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です