介護実践研修<現場で考えてほしいこと>を開催

こんにちは、営業企画部の西田です

6月27日(火)に介護老人保健施設オアシスにて
大阪城南女子短期大学 山本永人教授をお迎えし、介護実践研修『現場で考えてほしいこと 介護を
取り巻く
現代社会の変化から考察する(数的データからの分析)』を 実施いたしました

研修はデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)との 二元中継で、多数の職員が参加しました


今回のテーマは、いまの現代社会を振り返る そこから、オアシスが考えなければならないこと、
現場で考えてほしいこと、でした

ホワイトボードでのご説明を、配布していただいた穴埋め形式のプリントに
答えを記入しながらお話を聞いていきました

サザエさんの一家を例に挙げた世帯の変化のご説明など、ユニークでとてもわかりやすかったです

最後に

オアシスが本当の意味での現代社会のオアシスになるために

① その役割は医療なのか福祉なのか

② 地域の中での拠点としての役割

③ 高齢者の問題のみでは地域は成り立たないという発想

3つの課題をいただきました

私たちの「いま」と「これから」を深く考えさせられる内容でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です