「パワーポイントほぼ初級コース」勉強会

こんにちは!IT委員の山下です

今回IT委員主催の勉強会「パワーポイントほぼ初級コース」を行ないました
オアシス内では、パワーポイントを使って発表する機会が多く、パワーポイントをほとんど使用したことがない方を
対象に、11/10(金)・11/24(金)の2回に分けて行い、参加数は定員の18名の満席で、2人に1台パソコンを使用して進めて行きました

IT委員がサポート役として、いつでも分からないことがあれば質問できるように待機していました
1回目は基礎編を中心にわかりやすく丁寧に進めました

2回目は少し応用編を取り入れ、少しづつパワーポイントの知識を深めていきました

2回とも参加された人は、少しでもパワーポイントの操作方法が学べたのではないかと思います
僕も受講者として参加し、すごく勉強になりました
また、IT委員主催の勉強会があるときは参加していきたいと思いまた

老健 入所フロアでの「AED使用方法」の実演会

こんにちは!今日は老健入所介護では、ご利用者様やご家族と共に行う勉強会をお伝えします

12月6日(水)、株式会社オムロンヘルスケア様による「AEDの使用法」の実演勉強会を行いました
職員、ご利用者様、ご家族様と共に「命を助ける」ための救命処置方法を教えていただきました

意識を確認して心マッサージを行い、AED使い方を 丁寧に教えてくださいました

AEDの機械に初めて触れたという職員もいて、とて勉強になりました

参加して下さったご家族の方からは、「命助かった!良かった、安心(^^)」 と言うお声と、力強い拍手をいただきました
また、職員一同はご利用者様の命 健康管理への責任を改めて実感する機会となりました

株式会社オムロンヘルスケア様 本当にありがとうございました!

今年最後の介護実践研修を実施しました

営業企画部の西田です

12月12日(火)に介護老人保健施設オアシスにて、大阪城南女子短期大学 宮崎恭子准教授を
お迎えし
『「食事」に関連したこころとからだのしくみ』を実施いたしました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市) による二元中継でした

からだをつくる栄養素のご説明から始まり、食べることに関連したからだのしくみについて、
消化器・各部位の役割などをプリントに沿って
わかりやすくご説明いただきました

人は食べることができなくなると、その人の最期も早いのではないかと思いますとお話いただきました

そして、食べるということは、ただ栄養を摂る目的だけではなく、
五感や雰囲気、好物など、食べる楽しみを持つことが大切で
それを提供するのが介護の仕事の重要な役割なのではないでしょうかと
ご教授いただきました

城南短期大学の先生方には今年も大変有意義な研修を実施いただきありがとうございました
そして、職員の皆様一年間お疲れ様でした

来年は1月29日(月)大阪城南女子短期大学 前田教授をお迎えしご教授いただきます
来年もよろしくお願いいたします

オアシス特別講座「増加する認知症の診断と対策」を開催しました

介護老人保健施設オアシス 支援相談員の山下です
平成29年12月8日(金)に関西医科大学精神神経科学教室の木下利彦教授をお迎えして
オアシス特別講座「増加する認知症の診断と対策」を開催いたしました

今回も、平野区の介護老人保健施設オアシスと東大阪市のデイサービスオアシス長瀬との二元中継で行いました

木下教授が認知症の種類やそれぞれの症状の特徴などを画像やグラフを用いて丁寧に分かりやすく
説明していただきました

当日はオアシス各部署の職員のほか、近隣の居宅支援事業所のケアマネジャー様をはじめ、
外部の介護関係者の方々にも多数ご参加いただき、みなさんメモをとられるなど熱心に聞いておられました

講座の中で、嗅覚低下と認知症に関するお話しがありました
レビー小体型認知症やパーキンソン病、アルツハイマー型認知症の方には嗅覚障害がみられる確率
が高いそうで大変勉強になりました

質疑応答の時間では、嗅覚障害と認知症の診断について質問されるなど、
嗅覚障害と認知症の関係についてみなさん高い関心を持たれたようです

認知症の理解は介護の現場において最も重要なテーマのひとつです
今回の講座を通じて認知症についてより深く学ぶことができたと思います
木下教授をはじめ講座の開催にご尽力された方に感謝申し上げます

介護職員研修を実施しました

営業企画部の西田です
11月28日(火)に介護老人保健施設オアシスにて
大阪城南女子短期大学 人間福祉学科の緒方都講師をお迎えし、
研修会『からだのしくみの基礎② 感覚器』を実施いたしました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)
による
二元中継でした

前回5月にお越しいただいた時は、からだのしくみの基礎についてのお話でしたが
今回は『感覚器』といわれる「皮膚」と「眼」と「耳」に焦点を当てて、
その
構造や働き、病気について詳しくご説明いただきました




眼の病気については「加齢黄斑変性」について学びました

網膜中心部の黄斑に変性が生じて、視野の一部が見えなくなったり、失明する病気です。
加齢にともなって発症しますが、高血圧や心疾患、喫煙、テレビやパソコンなどによる
眼の酷使なども関係していると考えられています

 


〈日本眼科学会ホームページより〉

 

後半は先生にご持参いただいたDVDで感覚器についての解説を鑑賞しました
とてもわかりやすく面白い映像でした

からだのしくみについてたくさんの知識を得ることができました

職員のみなさまお疲れ様でした