オアシス職員向け介護実践研修を実施しました

こんにちは、営業企画部の西田です

9月26日(火)に介護老人保健施設オアシスにて、大阪城南女子短期大学小林 孔教授をお迎えし、介護実践研修『国語力をつける演習』を実施しました

今回も介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)による二元中継でした

日本語についての問題が40問入ったプリント用紙が配布され、解いていきます

これは社会に出ていかれる20歳の学生さんたちが実際に解いたもので、1つ1つの問題の正解率が90%の簡単なものから正解率4%の難しいものまでありました

この問題をまずは個人で考え、回答を記入し、その後みんなで答え合わせをしました

ちなみに
学生さんの正解率の低かった問題はこちらです

問9 「彼は、じゃっかん二十歳で、その会社の中心的存在となった。」という文の「じゃっかん」を正しい漢字で書くと、次のどれか。

1. 若漢

2. 若冠

3. 若干

4. 弱冠

今の若い方は漢字に弱いそうです
スマホの影響でしょうか

答えは4の「弱冠」でした

小林教授のとてもわかりやすい解説付きの答え合わせで、あっという間に時間が過ぎていきました

今回はできなかった少し変わった「しりとり」をまた機会があればぜひ行いたいと仰っていただけました
楽しみです!

2017年9月のオアシス接遇研修のご紹介

平野区内で勤務する職員を対象とした「接遇研修」(主催:接遇委員会)を行いました

講師はお馴染みのHY教育エンタープライズの橋場由美子先生です

http://www.taiwa-edu.com/講師紹介/

今回は、オアシスグループ職員全員が 朝礼で行っている「私たちの約束」の項目から《適切な言葉遣いで応対します》をテーマに敬語の使い方について学びました



テキストに沿って自分で考え、答え合わせをしてみんなで声に出して読みました


正しいつもりで使っていた敬語が間違っていたり、普段使っていた敬語と別の言い方もできたりと、発見があり、とても勉強になりました

職員の皆様、お疲れ様でした

次回は、
10月3日(火) 東大阪エリア職員対象、
10月10日(火) 平野エリア職員対象です

<営業企画部 西田>

オアシス職員向け介護実践研修を実施しました

こんにちは、営業企画部の西田です

8月29日(火)に介護老人保健施設オアシスにて大阪城南女子短期大学山本永人教授をお迎えし、
介護実践研修『介護職員のメンタルヘルスを考える
~グループワークを通じて~』を実施しました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)による二元中継で多数の職員が参加しました。

今回はグループワークでの研修となりました
狙いは「価値観の違いを知ること」です

山本教授が朗読した物語に出てくる登場人物5人の好感度の順位をまずは個人でつけていき、その理由も書き出します

次にグループ内でお互いがつけた順位を発表し、話し合い、グループとしての順位を一つにまとめていく、という課題でした

お互いに発表した順位はバラバラで人それぞれの価値観の違いに驚きました

そしてその価値観をひとつにまとめることが大変でした

しかし他の方の意見を聞いていくうちに共感する部分が出てきます

価値観を受け入れないことが介護のいらいらにつながるそうです

今回の研修で価値観は一つではない、
価値観は変えることができるということを学びました

職員の皆様、お疲れ様でした!