職員向け「接遇研修」実施中!

オアシスでは、東大阪事業部の事業所の職員と介護老人保健施設オアシスを中心とした平野事業部の職員を対象に、
「接遇研修」を継続して実施しています。
主催は「接遇委員会」で業務終了後に有志の職員が集まり受講しています。

オアシス「理念」、「運営方針」、「行動原則」などの法人の思いを研修の中でより強く習得し、
ご利用者様やご家族様、また法人とかかわりのある方々に、心をこめて接すること目的に行っています。

橋場先生

研修担当の「橋場 由美子」先生です。
http://www.taiwa-edu.com/講師紹介/

研修風景

受講中の職員。
和気あいあいとした雰囲気です。

思考中

思考をめぐらせています!
「オアシス」と「自分」を考え、メモをしています。

オアシスを考える

先ほど考えた「オアシス」に対してて思いつくことを 積極的に発表しています。

自分を考える

同じように「自分」を考え発表します。

笑顔の作り方
満面の笑顔を作るトレーニング。

今回は平成27年12月22日(火)に行われた「接遇研修」の一部をご紹介しました。

12月15日(火)第30回介護職員研修「高齢者虐待防止について」を開催しました

平成27年12月15日(火)、老健2階のデイルームで大阪城南女子短期大学の前田教授にご来所頂き、「高齢者虐待防止について」の講義をしていただきました。

P1190268

 

 

虐待防止資料

 

 

 

 

 

 

 5種類の事例を挙げ、何故虐待が起こってしまったのかや、どうすれば虐待が起こらないのかなどお話いただきました。

P1190272


また前田先生が開催している虐待を起こしてしまった職員に対する講義などもお話をいただきました。

P1190277

 

 

 

 

 

 

 

映像なども使い詳しく講義していただきました。

虐待は絶対あってはならない事ですが、全国でも発生してますので、気をひきしめて業務にあたりたいと思います。

12月15日(火)第30回介護職員研修「高齢者虐待防止について」開催のお知らせ

オアシスグループでは、介護職員を対象に研修会を開催しています。
今回は平成27年度の締めくくりとして、大阪城南女子短期大学の前田崇博教授をお迎えし下記の日程で
開催いたします。

◆日程   平成27年12月15日(火)18時15分~19時45分
◆会場   老健 2階 デイルーム
◆講師   大阪城南女子短期大学 人間福祉学科長 前田崇博教授
◆テーマ  高齢者虐待防止について

0001

icon_1r_48
←ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

前田先生③

前田教授は現在、苦情解決第三者委員長として8月から 虐待事件と向き合って
おられます。
今回は、その事例や虐待の罠の防止や虐待 施設の紹介 等についてのお話や
高齢者虐待 をテーマにした映画「老獄」の一部上映を交え ご講演いただきます。

グループワークで、心理的虐待の範囲だけでも議論し、虐待防止について考える
内容となっています。

 

 

 

 

 

職員向け「フライデーセミナー」実施中!

毎週金曜日の就業後、老健2階の会議室で「フライデーセミナー」を行っています。
参加は自由で強制的なセミナーではありません。途中でケーキ等のお菓子とコーヒーなどのサービスがあります。

FS①

 

 

 

 

日経ヘルス①

 

 

 

リーダーはオアシスグループの木下理事長で、月刊誌「日経 ヘルスケア」の介護に関する記事を読み合わせたり、「TED」から木下理事長推薦のプレゼン映像(英語版:日本語字幕有り)を見て、参加者の感想や意見などを話し合うセミナーです。

FS③

 

 

 

FS②

 

 

 

 

参加者は、平野地区や東大阪地区のケアマネ、介護職員、リハビリスタッフ、相談員、管理者、本部スタッフなどで、それぞれの立場で、法人トップと屈託のない意見交換ができるセミナーです。