オアシス職員向け介護実践研修を実施しました

こんにちは、営業企画部の西田です

8月29日(火)に介護老人保健施設オアシスにて大阪城南女子短期大学山本永人教授をお迎えし、
介護実践研修『介護職員のメンタルヘルスを考える
~グループワークを通じて~』を実施しました

介護老人保健施設オアシス(平野区)とデイサービス オアシス長瀬(東大阪市)による二元中継で多数の職員が参加しました。

今回はグループワークでの研修となりました
狙いは「価値観の違いを知ること」です

山本教授が朗読した物語に出てくる登場人物5人の好感度の順位をまずは個人でつけていき、その理由も書き出します

次にグループ内でお互いがつけた順位を発表し、話し合い、グループとしての順位を一つにまとめていく、という課題でした

お互いに発表した順位はバラバラで人それぞれの価値観の違いに驚きました

そしてその価値観をひとつにまとめることが大変でした

しかし他の方の意見を聞いていくうちに共感する部分が出てきます

価値観を受け入れないことが介護のいらいらにつながるそうです

今回の研修で価値観は一つではない、
価値観は変えることができるということを学びました

職員の皆様、お疲れ様でした!

 

介護実践研修「音楽療法と長寿学」

こんにちは、営業企画部の西田です

平成29年7月24日(月)、介護老人保健施設オアシスにて大阪城南女子短期大学 前田教授をお迎えし、
『音楽療法と長寿学』をテーマにご教授いただきました

今回も、映像や音楽を使って楽しくわかりやすい説明でした

普段何気なく聴いていたり耳に入ってくる音楽でも様々な効果や刺激があり感覚器官と
諸機能(運動・認知・記憶)の衰退防止や回復にも役立つそうです

受動的音楽療法として、「川の流れのように」(美空ひばり)と「365日の紙飛行機」(AKB48)を
聴きました 
2曲とも作詞は秋元康さんです

曲を聴いた後、どの部分の歌詞が心に響いたかみんなで感想を述べました
心に響く歌詞は日によって変わるみたいです
その日の精神状態やコンディションが影響するのですね

それから長寿の秘訣として103歳のおばあちゃんが出演したテレビ番組を鑑賞しました

103歳とは思えない元気で可愛らしい方でした 長寿にはやはり食生活と運動は欠かせないようです
他にもチョコレートや麻雀、競馬なども効果があるそうです

とても楽しくためになる勉強会でした!次回も楽しみです!

予演会 パート2

こんにちは!老健看護師の上ノ瀬です
7月14日(金) 第28回全国介護老人保健施設大会in松山に向けての予演会が行われました

今回の、最終の予演会では、1回目、2回目と回を重ね、内容のポイントがしぼられてきました
パワーポイントもとても見やすくなってきたと思います

まずは「食材ロス削減を目指した取り組みについて」を、老健で1日約900食の食事を作っている
管理栄養士からの発表です
これまでのアクシデントを分析しその改善をすることによってロスが減少した内容でした

活発な質疑にしっかり答えていました

次に、通所リハビリテーション(デイケア・ロング)の介護士からの発表です
「花」をテーマにしたご利用者様の様子を発表します

 

発表者の方達も緊張しつつ、少し余裕が感じられました(^.^)

さらに厳しく的確なアドバイスをいただき、聞いている側の私達も前向きに受け入れることができました

次に、9月に予定されている、第19回日本認知症グループホーム大会で発表予定の演題です

今回は3題とも素晴らしい発表でした!発表者の皆さん、渾身の力を振りしぼり、
平成29年度の全国介護老人保健施設大会、
グループホーム大会の発表に向けて頑張ってください!

食品衛生講習会を受講して

平成29年7月7日(金)介護老人保健施設オアシスにて、サラヤ株式会社(http://www.saraya.com/)の
木村恒太様をお迎えして「食品衛生講習会」を行いました
これから起こりうる食中毒を防ぐ方法や手洗い方法について学びました

サラヤ株式会社 木村 恒太 様

食品衛生の常識、食品衛生食中毒対策はなぜ必要?など解りやすく講義していただきました
データー・数値でみるバイキンマン軍団、サルモレラ菌・カンピロバクター・ノロウイルス・
ウェルシュウ菌等々、 わずかな小量菌で発症し、生命の危機を脅かす実例説明を聞くことで、
緊張感と責務の重さに身が引きしまる思いでした

手洗いの重要性は常に感じ、常々実践してきましたが、今回の講義で菌の増殖・感染までの短時間プロセスを映像でよりリアルにみることで
ご利用者様及び職員個々の安全・安心を行うためにも、手洗いの実施を強化して行こうと思いました

身体拘束並びに高齢者虐待の勉強会を行いました

みなさんこんにちは、老健相談員の河辺です

新聞やニュースで、最近取り上げられている
身体拘束や高齢者虐待についての勉強会を
オアシスグループ職員を対象に行いました

今回の研修は2元中継で
平野区の職員は、老健2階デイルームで、

東大阪市地区の職員は、
デイサービスオアシス長瀬で受講しました

身体拘束については、
その具体例やその対応について、
高齢者虐待については、
なぜ高齢者虐待がおこるのか
そのメカニズムについて
勉強しました


 

質疑応答では、平野会場や東大阪会場からも
数多くの質問がありました

身近に起こりうる問題だけに、職員は真剣に
聞いていました
今回学んだ内容をしっかりと復習し
日々の仕事の中に生かさなければならないと
感じました

「身体拘束」「高齢者虐待」について、
さらに職員一同取り組んでいきたいと思います

みなさん勉強会お疲れ様でした

第17回大老協懇話会予演会

こんにちは!
今回初めてブログを投稿します
リハビリの橋本です

先日、介護老人保健施設オアシスにて
「第17回大阪介護老人保健施設協会 懇話会」
(大老協懇話会)
で発表する演題の予演会が行われました

演題名は
「水分補給ゼリーの活用による
肺炎及び尿路感染症予防」

5月に行われた
「第3回オアシス学術研究発表会」で発表された
演題の中から選ばれました



発表者は老健看護科の田中陽子さんです

7月6日(木)大阪国際会議場で行われる
大老協懇話会で、

しっかりとした発表ができるように
予演会を行いました

 緊張で早口になる場面もありましたが、
取組み結果など、前回よりも
しっかりまとめられた発表でした

 発表を聴いている皆さんの表情も真剣そのもの

発表後は、積極的に意見や質問をされていました



意見や質問に対して発表者の方々も、
いただいた意見を活かそうと
真剣に応答していました

 今回の予演会は、
学校や専門書では学べないことがたくさんあり、
自分にとってもいい勉強になりました

今回学んだ事を
ぜひとも日々活かしたいと思います

皆さん本当にお疲れ様でした

オアシス職員勉強会「身体拘束ゼロに向けて」

こんにちは!老健リハビリの内堀です!
平成29年2月8日(水)に老健2階デイルームで「身体拘束ゼロに向けて」の勉強会がありました。
一生懸命に働いた後、多くの方々に集まっていただききました!職員の皆様、お疲れ様でした~!

「身体拘束」とは、介護を受ける方の動きを制限すること・・・

「スリーロック」
①フィジカルロック ②ドラッグロック ③スピーチロック

私たちは知らず知らず?ご利用者様の行動を制限していないか・・・?
今日の業務でどうだったか、自分に問う良い機会になったと思います。

私は理学療法士としてご利用者様に関わっており、スピーチロックが一番身近な問題でした。
「ちょっと待って下さい。」 実際に良く使い耳にする言葉です。

身体拘束はなぜ問題!?
身体的・精神的に弊害である。「人間」としての尊厳を侵す・・・言わずもがなです。
「本人の安全の為に必要である」本当にそれだけの理由でしょうか・・・
リハビリ中の事故防止を先に考え、それを理由にして私たちがついつい拘束につながっていく行いをしていないか・・・
今回の研修で目の前の個人を思いやり、尊いと思って関わる事が、拘束につながる行動をなくし、拘束そのものを減らしていけると思いました。

私たちが認識を深める事によって、オアシス職員が自分のやるべき事がわかったと思います。

介護実践研修「認知症についての学習」

リハビリを担当しています前田です。
徐々に秋らしくなってきましたが、
皆さんも風邪などひかずお過ごしでしょうか。

平成28年10月25日(火)
大阪城南女子短期大学の前田教授をお招きし、
 「認知症についての学習」をテーマに
ご教授いただきました。

img_4408

今回も前田教授の事例研究内容を
ビデオやスライドを使って
わかりやすく説明していただきました。

1025-jyounan
例えば日頃介護を受けている人が
収集癖のためかポケットに
丸めたティッシュがたくさん入っています。
そこで皆さんは
「ごみばっかりポケットに入れて」
「ごみをすぐ捨てて下さい」
など言っていませんか?
gomi2

前田教授は
①収集癖 ②異食 ③軽度の失行
④近時記憶の障害 ⑤こだわり 等を例に
解説していただきました。

お聴きしながら介護を受けている人に
寄り添って介護をしていることを
感じさせられました。

img_4411

軽度の失行の例として
ポータブルトイレにごみを捨ててしまったとき
収集癖と同じように
「こんなところにごみを捨てて!」
と怒って対応すると
怒られたことは覚えておられないですが、
イライラした感情が残ると前田教授は
話されていました。

1186524

捨てるという行為はあっているので、
「ありがとうございます。
こちらにごみ箱がありますよ」

という言い方に嫌な気分がなく、
今後も捨てるという能力が保てられる
よい接し方だと感じました。

gomi

デイサービスの過ごし方をビデオで学び、

一人ひとりが主体的に過ごせるような
対応が印象的でした。

img_4414

 我々の日頃の接し方で
ご利用者様によい影響・悪い影響を
与えるかもしれないということを
考えさせられました。
ご利用者様の行動を確認し、
なぜそうされるのかを分析することで
寄り添って接することができると考えました。

介護実践研修「認知症についてのグループワーク」

入所介護介護士の人見です。
先般、老健2Fデイルームにて
オアシス職員対象の「介護実践研修」として

大阪城南女子短期大学 多田鈴子先生に
ご来所いただき、

認知症について勉強しました。

img_4022-2
グループに別れ、認知症の方への関わり方や
日々の苦労や感じていることを話し合いました

img_4026

それぞれ立場の違う職員の考えが聞けて
とても勉強になりました

img_4031

img_4028
来月の勉強会には
各グループで話し合った内容を発表し、
意見交換を行うことになりました

次回がとても楽しみです!!

オアシス職員勉強会「ノロウィルスについて」

皆様こんにちわ!!
入所介護 介護士人見です。

先般、「ノロウィルス」に関する
オアシス職員勉強会を行いました。

dscn1600

dscn1601
これからの時期、猛威を振るう
ノロウィルスなので
勉強会では各部署の職員真剣です!!

dscn1609
dscn1610
ノロウィルスの特徴・症状・予防方法など
細かく説明していただき
とても勉強になりました。

手洗いの励行・消毒・
体調管理が大切です!!

12月に技術パート2として
新・感染防止袋の使用方法について
勉強会も開催予定です
皆さん楽しみにしていてくださいね!!