勉強会報告(スピーチロックを理解する)

介護老人保健施設(デイケア・ショート)の
濵田です。
梅雨らしいじめじめとした暑さが続いて
いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

6/29(水)に、大阪城南女子短期大学の
多田先生と長橋先生にお越しいただき、
「スピーチロック」についての勉強会を
開催した模様をお伝えします。

kaouCIMG7621

みなさまは「スピーチロック」という言葉を
ご存知でしょうか??
うるさい人の口を塞いで話せなくすること?
それは虐待ですね・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

「スピーチロック」とは、言葉や態度により
対象者の行動に制限をかけること。
つまり身体拘束にあたる行為とされます。

具体的には、「~しなさい」と行動を強制
したり、「立っちゃだめ」と行動を抑制
することがこれにあたります。

他にどのような言葉がスピーチロックに
あたるのか?普段のご利用者様との関わり
の中から、スピーチロックにあたる会話は
ないか、グループで話し合います。

kakouCIMG7624

「これはスピーチロック?」
「事故防止のためには仕方がないのでは?」
「もっといい方法があるのでは?」
「言い方を工夫してみたらどうだろう?」

職員みんながスピーチロックと真摯に
向き合い、熱く討論しています。

そんな中でよく出たキーワードが
「ちょっと待ってくださいね・・・」

これも利用者の行動を制限してしまうので、
スピーチロックにあたります。
しかし、介護の現場ではよく耳にする言葉
ではないでしょうか?実際に私もよく言って
しまっています・・((+_+))反省

では、どう伝えればいいのでしょう?
またグループで話し合います。

kakouCIMG7622

私のグループの検討結果がこちら。
・今すぐに対応できない理由を伝える。
・「待って」と言わず「用が済んだらすぐに
 行きます」と伝える。
・相手と向き合って同じ目線で話す。

このように改善策はいっぱい出てきます。
意識して考えれば、スピーチロックは
改善できるのです。

kakouCIMG7626

明確な線引きがないだけに、どこから
スピーチロックになるのかというのは
非常に難しい判断となります。

ですが普段からスピーチロックの存在を
意識することで、ご利用者様によりよい
ケアを提供できるのではないでしょうか。

オアシスでは、このようにいろいろな
勉強会を実施していますので、
またこの場を借りてお伝えします。

伝達勉強会(身体拘束ゼロ推進員養成研修)

平成28年6月13日(月)に、介護老人保健
施設・入所介護の田所主任が講師となり、
「身体拘束ゼロ推進員養成研修」の
伝達勉強会を開催しました。

P1010465

「拘束とは?」「身体拘束の弊害は?」等
の基本から、身体拘束ゼロに向けた具体的
手法等、発展的な内容についても説明され
ました。

特に印象に残ったのは、「身体拘束ゼロを
目指して問題意識を持ち、ご利用者様の
状況や環境がより良くなるような代替法を
常に考えることが大事」という点です。

日々の業務の中で当たり前になっている
ことを改めて見直すきっかけになりました。

P1010467

また配付資料の中に、「あら探しをする人
の特徴」という項目がありました。
他人のあら探しばかりしていないか、逆に
自分自身のあら探しは出来ているのか、
考えさせられました。

自分のあら探し(欠点)を客観的に捉える
ことで組織での取り組み方も変わり、
良いケア環境がつくれるのではないかと
思いました。

今後も職員間の結束力が強化できるように
情報共有を行い、ご利用者様への支援力の
強化に繋げたいと考えました。

P1010471

リハビリテーション 碇 真実

第2回オアシス学術研究発表会

介護老人保健施設オアシス・療養科(リハビリ)の理学療法士の前田です。

4月14日(木)・15日(金)の2日間にわたって、『第2回オアシス学術研究発表会』を開催しました。
今回は11題の発表があり、のべ146名のスタッフが業務や委員会活動における
取り組みの内容と結果を共有しました。

それぞれの演題とレビューをご紹介します。
<レビュー担当: 老健オアシス・療養科(リハビリ) 理学療法士 M.I>

前田先生  豊永さん


演題①: 利用者の口輪筋を鍛え、身体精神機能の向上を目指す
所 属: 老健オアシス・療養科(入所介護)
発表者: M.D(介護職)

出島さん

入所ご利用者様の顔のまわりや口輪筋を鍛え、誤嚥の発生頻度や活気の変化などを
検討したものでありました。
数値的な結果は少なかったものの、5つの方法の提示があり、嚥下状態の改善や
レクリエーションでの積極的な参加などの変化の紹介がありました。
内容も簡潔にまとめられており、発表も落ち着いてされていました。
口腔に対する様々なアプローチを取り入れられており、ペットボトルを咥える体操など、
日常のもので出来る方法は興味深かったです。嚥下機能の低下したご利用者様などと
関わる際には試してみたいと思いました。


演題②: ラベンダーオイルを使った足浴 ~不穏改善を目指して~
所 属: 老健オアシス・療養科(入所介護)
発表者: Y.M(介護職)

村林さん2

入所ご利用者様の中で、不穏行動のある方を対象に、週2回ラベンダーオイルを使った
足浴を行い、不穏状態の改善や転倒事故などの減少に繋がるかを検討したものでした。
こちらの研究では不穏状態や夜間排泄回数の減少がみられたと報告がありました。
足浴によりむくみの軽減もみられたとのことで、引き続きアロマオイルを積極的に取り
入れて効果を報告してほしいと思いました。


演題③: ご利用者様の肺炎・尿路感染症における入院回避 ~水分補給ゼリー導入への試み~
所 属: 老健オアシス・療養科(入所介護)
発表者: M.M(看護職)

三宅さん

入所ご利用者様の肺炎・尿路感染による入院を回避するための取組みとして、新たに
水分補給ゼリーを導入し、変化を考察されたものでした。
ゼリーは味が付いたものでご利用者様にとって「美味しく飲みやすい」ものであると
紹介されていました。
また、発熱時の水分摂取量の増加、そして入院者数の減少に繋がったと報告がありました。
私もリハビリテーション職ですが、水分摂取の重要さを改めて痛感し、普段から美味しく
摂ってもらえるような水分の種類・形態などの把握の重要性を改めて感じました。


演題④: 多職種協働での個別機能訓練
所 属: デイサービスオアシスきずり
発表者: Y.H(作業療法士)

日浦先生2

デイサービスにおける他職種協働での個別機能訓練において重要なこと・発表者(OT)
の強みをいかした支援方法など取組みを説明されていました。
本当の困りごとを聞くことは難しいことですが、他職種協働で考え、介入することで
ニーズにあった適切なケアにつながることが実感できました。


演題⑤: 高齢者を対象にした受動的なメイクによる運動能力の変化についての考察
所 属: 老健オアシス・療養科(デイケアショート)
発表者: S.H(介護職)

濱田さん

今回、社会福祉士のH職員が受動的メイクが身体機能にもよい影響がでるのでは
ないかという着眼点から取組み事例・考察を紹介してくださいました。
今回メイク後、やる気・意欲が運動能力の変化、心身の満足度向上につながるかを
5名の方を対象に取り組みを行い、4種の体力測定が改善したという発表結果を聞き、
興味深く感じました。
今回、土曜日に来られるレクリエーションスタッフにご協力いただき、発表したもの
ですが、さらに研究を進めてもらいたいと思います。


演題⑥: TUGと転倒恐怖感の相関から ~ADL低下予防の一助として~
所 属: 老健オアシス・療養科(リハビリテーション)
発表者: H.T(理学療法士)

田中先生

身体機能を評価するTUGと転倒恐怖感の相関を調べ、ADL低下予防としてどのように
活かせるかを研究されました。
今回身体機能評価だけでなく、精神的要因の評価の重要さをまとめられていました。
見やすいスライドで、発表もハキハキされており、聴きやすく分かりやすかったです。
私も転倒しやすいかどうか身体機能をみるだけで容易に判断せず、ご利用者様が普段
不安に思っていることなどを把握し、その方にあった関わり方ができるように支援して
いきたいと考えました。


演題⑦: より安全で安心な生活をめざして ~”第3の用紙”を使用しての取り組み~
所 属: グループホームオアシスきずり
発表者: N.Y(介護職)

八木澤さん

グループホームでは、リスクマネジメントの取り組みとして「危険気づきシート」を
昨夏より導入され、マネージメント力の向上に繋がった報告を介護福祉士のY職員
がして下さいました。
環境面・対応・認識など「気づき」を書面で表出することで事故件数が減ったことも
紹介されていました。
一人ひとりのちょっとした気づきを情報共有し、すぐ実行されていることはとてもすば
らしいことだと感じました。


演題⑧: 医療機関と居宅支援事業所との関係構築
所 属: 老健オアシス・事務管理課(支援相談)
発表者: Y.K(支援相談員)

河辺さん

入所支援相談課は医療機関と居宅介護支援事業所との関係を強固にして、入所者様の
紹介につながった取り組み等を発表して下さいました。
関係機関との信頼関係を強固にすることでオアシスの取り組みが理解され、紹介数も
向上したのではと感じました。
私もリハビリテーション職としてよりよいサービスを提供し、オアシスを利用したいと
いう人が増えるように関わっていきたいと思いました。


演題⑨: 人生の最期をどこで、誰と過ごしたいですか?
~その希望を叶えるために、ケアマネジャーとしてできる事~
所 属: 介護支援センターオアシス長瀬
発表者: N.T(介護支援専門員)

徳廣さん2

「人生の最期をどこで、誰と過ごしたいですか」という題目で、理想と現実について
アンケート調査と過去のご利用者様より検討し、事例紹介もして下さいました。
アンケートでは在宅を希望されていても結果として病院で過ごされているという
データも示されていましたが、そのギャップを埋めるためには「意向確認を適切に行う、
ケアマネジャーの関わり方」が重要だということを感じました。
世間ではケアマネジャー不要論も聞きますが、私はケアマジャーさんの関わり方で
利用者様の望む生活やご家族様の負担軽減や社会参加の機会など大きく変わり、
医療従事者としては欠かせない存在ではないかと考えました。
今回、介護力や自宅の環境面などの把握も必要であると感じました。
できるだけ最期のときの望みを叶えられるような人になるために、私もご利用者様との
コミュニケーションを大切にしていき、リハビリテーション職としての専門性をいかし、
利用者様や家族様の不安を和らげるように関わっていきたいと思いました。


演題⑩: うつ病・摂食障害 母としての役割を果たす為に彼女に出来る事 ~そして訪問介護の関わり方~
所 属: ヘルパーステーションオアシス長瀬
発表者: K.K(サービス提供責任者)

川松さん

今回、うつ病・摂食障害のあるご利用者様との関わりの中、「他職種共通ノート」を
活用して、身体状況や親子関係が良い方向へ進んだことを報告して下さいました。
ご利用者様もノートに本音を記載して下さったようで、会話中では聴けないこともあると
いうことを実感しました。
他職種でも意見交換できるノートは実用的であると感じました。
今回の発表はばらばらになりがちな他職種間がご利用者様の状態を相互に理解し、チーム
ケアで取り組みを行うお手本のような発表に感じました。


演題⑪: オアシスエコチャレンジ ~エコドライブへの取り組み~
所 属: 環境美化委員会
発表者: H.K(介護職)

川邊さん2

オアシス実践6項目について職員・利用者様にアンケートをとり、結果・考察を交えて
発表されていました。
オアシス職員も日々エコドライブの取り組みを行っておりますが、燃費についてはさらに
意識して日々の業務にあたりたいとのことでした。
今後も環境汚染が進まないように、またご利用者様の安心・安全を提供できるように
オアシスエコチャレンジの活動を継続して頂きたいと思いました。

交通安全講習会を行いました

オアシスグループでは、
毎日、送迎車や配食サービスなどの
車両運転業務に携わる職員を対象に、
年2回の「交通安全講習会」を行っています。

3月30日(水)は、今年最初の講習会を、
平野警察署 交通課の三田 良警部補 様に
お越しいただき受講いたしました。

ブログ①
職員も真剣な面持ちで受講

ブログ②
三田警部補様から平野区は自転車に
絡む事故が多発していること、
自転車講習を行っても、一向に
ルールを守ってくれず、
事故が多発しているようです。

また、ビデオによる危険予測を学びました。

ブログ③
ブログ④

ブログ⑤

ブログ⑥

事故を防ぐには、
運転者が注意走行をするしかありません。
特に交差点(信号のない場所含め)は
注意が必要です。

4月6日(水)から、「春の交通安全運動」が
始まります。

表
中面
オアシスでは、今まで通り無事故・無違反で
ルールを守り、安全運転を続けていきます。

3月のオアシス接遇研修ご紹介!

オアシスグループ職員対象の接遇研修
「おもてなし力UP!」を3月22日(火)に
平野区内で勤務する職員対象に行いました。

講師はお馴染みの「橋場 由美子」先生です。
http://www.taiwa-edu.com/講師紹介/

接遇研修②

スライド1

今回は、ロールプレイング形式で、
ご利用者様におやつを出す設定。
ご利用者様がトイレに行きたい、おやつがない、
隣りがうるさいなんとかして! などの
6つの場面を想定し、どのように接するのか、
話しかけはどうすべきかなのか、といった内容を

実際に行い、その動きに
みんなで意見を出し合いました。
楽しくて充実した時間でした!

接遇研修

次回は、
4月5日(火) 東大阪エリア職員対象、
4月12日(火) 平野エリア職員対象です。

第2回 オアシス学術研究発表会 開催のお知らせ

オアシスグループでは、
平成27年から教育委員会主催で、
介護にかかわる事例を研究し、発表する
「オアシス学術研究発表会」を開催しています。

介護老人保健施設オアシスをはじめ、
居宅介護、通所介護、訪問介護、グループホーム
などのすべての事業所職員が参加し、
介護技術の向上を目指しています。

ŠwpŒ¤‹†201604-2
icon_1r_48

職員研修「職員間のコミュニケーション術と虐待について」を開催しました

平成28年2月24日(水)、老健2階のデイルームで
大阪城南女子短期大学の前田教授にご来所頂き、
「職員間のコミュニケーション術と
虐待について」の

講義をしていただきました。

P1190268-300x225

前田先生自身がこれまで心掛けてきたことや、
これまでに聞かれた実際の声を元に
会話の中の「言葉(ワード)」に着目し、
お話いただきました。

頑張ってね」では重圧に感じる事もあるが
頑張っているね」だと認められているという
安心感に繋がる等、
1つ1つ場面を想定したお話に、
職員間コミュニケーションの
ヒントが多くありました。

全員

また途中、世間で話題になっている
施設内虐待のお話もあり、
老健スタッフとして何が求められているのか
深く考える機会になりました。

職員間の良好な関係作りこそが
より良いサービスを
提供するための基本である、と改めて感じ、
基本であり重要なコミュニケーション術を
学ぶ貴重な時間となりました。

リハビリテーション科 田中 宏幸

平成28年2月15日(月)「ポジショニング」「介護技術について」の勉強会を行いました

2月15日(月)オアシスのスタッフを対象に、
「ポジショニング」「介護技術について」
2題をテーマとして、リハビリテーション科の
碇 先生と
藤原先生にご講義いただきました。
今回の勉強会では講義だけでなく実技を交え、
より実践的に学ぶことができました。

「ポジショニング」の講義では、
実際の入居者様を例に
褥瘡をつくらない、
悪化させない
ポジショニングについて学びました。

CIMG0209

ベッドで寝ていてどこに圧がかかりやすいのか、
どこにクッションを入れるべきなのか、
実技を交えながら分かりやすく講義頂きました。

CIMG0214

「介護技術について」では、
立ち上がりや移乗等の介助を行う際に、
気をつけなければならないポイントを、
デモンストレーションを通して
講義いただきました。

CIMG0225

やみくもに力だけで介助するのではなく、
その人に残された機能を考え、
出来ない動作のみ手伝い、
ADLの低下を防ぐ事や、
脱臼のリスクがある方の注意点、
移乗動作のコツ等、実技練習を行いました。

CIMG0228

今回の講義はリハビリテーション科から
セラピスト目線で
情報発信を行い、
他部署のスタッフの皆様と

連携を深める機会になったと思います。
今後も勉強会を積極的に実施、
また参加していき更なる技術向上、
チーム連携を深めていきたいと考えます。

リハビリテーション科
田中 宏幸

平成28年1月8日(月)「障がい者差別解消ってなに?」伝達勉強会を行いました

平成28年1月8日(月)オアシスグループ職員対象に、
老健2階のデイルームで、伝達勉強会を行いました。

今回は、平成28年4月1日(金)から施行される
障がい者差別解消法>について、
「障がい者差別解消ってなに?」と題して
その概要を、スライドを用いての説明でした。

勉強会

私は今回の勉強会で、この法律を知ることとなり、
参加したことが知る良いきっかけとなりました。

この法律は、国の行政機関や地方公共団体、
民間事業者などを対象に、
①障がいを理由とする差別の禁止
②基本方針の作成
 
③対応要領・対応指針の作成
を定めているものです。

勉強会2

普段の生活で障害のある方と
関わることが多いため、個人(自分自身)の
思想や言論にも注意していき、
配慮のある関わりを行っていくべきだと
改めて考えさせられました。
また、今後、法律が施行されてからの動向も
気に留めながら、業務に取り組んでいこうと思いました。

勉強会3

リハビリテーション 碇 真実

平成28年2月24日(水)オアシス職員研修開催のお知らせ

オアシスグループ職員対象の研修会を
下記の通り開催いたします。

◆日程   平成28年2月24日(水)
◆時間   18:00~19:30
◆会場   老健 2階 デイルーム
◆テーマ  「職員間コミュニケーション術」
◆講師   前田 崇博 教授
        大阪城南女子短期大学
        人間福祉学科 学科長
◆対象   オアシスグループ全職員

平成28年2月度職員研修

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ クリックすると大きくなります