大塚製薬様による『脱水症について』の勉強会を実施しました

 

平成30年4月20日(金)老健2階のデイルームで㈱大塚製薬工場の山尾様にご来所いただき、

「高齢者の脱水について」の講義を行っていただきました

 

 

大塚製薬様といえば「OS-1」という経口補水液を製造販売しておられ、

これから「脱水症」を起こしやすい季節に備えOS-1の有効な摂取方法と、

そもそも“脱水症とは”という部分からオアシス職員の知識の向上と再確認を行いました

 

 

その内容は人間の身体の水分組成から始まり、

そもそも高齢者の方が脱水状態に陥りやすい原因として、

元々身体の水分量が赤ちゃんの7~8割に対し「5割」と少なく、

さらに高齢者の方は喉の渇きを感じにくいといったことも、

脱水を引き起こす要因の一つである事を学びました

 

そして次に水分補給のタイミングは、

1.お風呂に入った後

2.寝る前

が良いとされていますが、特に寝る前のコップ一杯の水は

「宝水」と呼ばれているそうです

 

 

 

最後に、脱水を見分ける身体のサインとして、

指の爪を押して赤みが戻るのに2秒以上かかったり、

皮膚をつまんでつままれた形から3秒以上戻らない、

などの方法もお教え頂きました

 

 

 

これから夏に向け発汗などで水分や塩分が失われがちなので、

しっかりと食事を摂り、

こまめに水分摂取をすることはもちろん、

塩分摂取も忘れないことが重要ということです

 

 

ご講義中、職員が実際にOS-1を飲んでみてその感想を述べたり、

その後質疑応答が行われ今回の勉強会となりました

 

㈱大塚製薬工場の山尾様、誠に有難うございました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です