豆まき

入所介護の藤田です。
老健でも、節分イベントを開催しました!

ご入居の皆様に楽しんでいただくため、食べ物を大切にする気持ちも含め、今年も豆ではなくて、
縁起の良い紅白のお手玉を投げていただきました。

皆さん一緒に「鬼は~外」
鬼役のほうが楽しんでいるような・・?笑

ご入居者様も笑顔で楽しい時間でしたが、スタッフもとても楽しい時間でした。
笑う門には福来る・・・笑うといいこといっぱいです。(^^♪

バレンタインデー

介護老人保健施設オアシスの栄養課
菊永と中野です。
2月14日はバレンタインデーということで、
世の中はチョコレート一色に染まっていますね。

オアシスでもバレンタインデーにちなみ
ご利用者様のおやつに
「チョコミントプリン」を
提供させていただきました。💛

牛乳を加熱する際、生のミントを入れて煮出し、
ミントを取り出した後に
チョコレートとゼラチンを加えて
冷やしました。
後味に、ほのかなミントの香りが
お口の中に広がります。

ご利用者様からも好評でした!

節分祭を開催致しました

グループホームオアシスきずりの 曽根 浩一 です。
2月5日(日)に開催しました節分祭の様子を
ご紹介します。

まずは、ご入居者に「太巻き」づくりに
参加していただきました。

きれいに巻きあがると笑顔でいっぱいに
なりました。

大変上手にできあがりました。
ご覧ください!美味しそうでしょ?

みなさん、お寿司は大好きのようですね。

お食事後は、もちろん豆まきを行いました。

グルームホームに
たくさんの福が舞い込みますように。

 

一輪挿し

介護支援センターオアシス地下鉄平野駅前の阿立です。
先日、事業所前の花壇の花が入れ変わりましたが、出入りの途中にせっかくの可愛い花が折れてしまい急遽、
一輪挿しを購入し、事務所内のテーブルに飾ることになりました。

一輪挿しだけではテーブルの上も殺風景な感じだったので、置物も一緒に飾っています。
お昼休みのちょっとした時間など気分も和みます。

事業所の前を通った際には気分転換がてらに寄ってみてください。

デイサービスオアシス長瀬に鬼が来た!!

皆様こんにちは!
デイサービスオアシス長瀬の竹内です(^○^)
2月に入り寒くなって参りましたが、本日は2月3日『節分ということで、
恒例の豆まきを行いました!!

あとで食べられるように、落花生を殻つきのまま豆まきしました(笑)

鬼はかわいい赤鬼です(*^^)v

ご利用者様は優しく投げられる方や
厄払いのために全力で投げられている方もいらっしゃいました(笑)

年男の私も全力で投げ厄払いが出来た気がします(*^。^*)

後で赤鬼に本物の鬼のように怒られたのはここだけの話にしておきます…(笑)

小旅行が大騒動

みなさんこんにちは!久しぶりの投稿です。
法人本部坂本です。

1月22日(月)と23日(火)、都合よく連休が取れたので「おいしいカニを食べたい!」
「島根県安来市にある足立美術館に行きたい!」ということで鳥取県三朝温泉目指して
大阪を出発しました。

三朝温泉ホテル後楽は、旅行サイトのじゃらんネットによるとリピーター率がトップクラスの老舗旅館です。
到着したときは風情ある粉雪が
  チラホラと舞い露天風呂では風情ある時間を過ごせました。

写真は特別室限定の大理石&総檜風呂です。
夕食には地元で採れた蟹尽しの懐石料理に舌鼓!
写真のほかに1人1杯の蟹がついてます。

大満足のお宿でした!
さらにお値段がリーズナブルです!

朝を迎えお外は一面の銀世界!でも十分安全運転で走行可能なので安来市足立美術館目指し出発!
「足立美術館」は13年間連続で全国1位を続ける有名な日本庭園と 130点以上横山大観の作品を展示している有名な美術館です。
四季折々の素晴らしい庭園は圧巻です!ポスターから撮影した写真がコレ。

しかし当日は雪が多くほほ雪山。
これは早く切り上げて帰るほうが良いかという事で倉吉駅に戻り、
予約している特急に乗ろうと思うと運行中止。
ムムム、やばいな。では動いているバスに乗って帰るか!という事で大阪行きのバスに乗れば、
ムムム!高速道路が通行止め!インター入口前で開通を待つことに。
2時間ほどで除雪が終わり開通との情報があったので待機をしていると
さらに天候悪化で驚くほどの吹雪、
ムムム!一般道路も、立ち往生や事故の車で通行止め!
なんとバスに夜の8時過ぎから翌日のお昼13時まで17時間も缶詰になりました。

奇跡的にバスにはトイレが完備され、インター入口のコンビニの目前で待機になりバスの車内は騒ぎも起きずただ無音の時間が過ぎるだけでした。
やっと鳥取駅に戻っても朝6時台の特急が18時過ぎに動くという始末。

 雪で線路も見えない状況でやっと動き出した特急に乗って大阪駅に着いたのが深夜1時。
なぜか大偉業を成したかのような安堵感を感じました。
ちょっと近場まで小旅行が大騒動に巻き込まれた貴重な経験でした。