第15回職員向け研修「高齢者虐待と50事例」を実施しました

 平成26年8月25日(月)17:30~19:00に、老健2階のデイルームにおきまして「第15回職員向研修」を実施、30名を超える職員が集まりました。

前田先生②.jpg
今回も 大阪城南女短期大学 人間福祉学科 前田 崇博 学科長 様にお越しいただき、「高齢者虐待と50事例」についてご講演いただきました。

 
はじめに、2006年より施行された「高齢者虐待防止法」の概要や重要な条文についてポイントを講義いただきました。 「高齢者虐待防止法」では高齢者虐待を、「身体的虐待」・「心理的虐待」・「ネグレクト(無視)」・「性的虐待」・「経済的虐待」の5類型に分類しており、次にそれぞれの虐待について具体的な事例を交えながら解説していいただきました。
no15 介護研修①.jpg
 研修に参加した各職員は、それぞれの箇所・職場において注意しなければならないポイントを把握できたと思います。高齢者虐待について正しい理解を深めることの重要性を改めて認識するとともに、プロとして高齢者虐待の早期発見と適切な対応により一層尽力する必要性を確認した有意義な研修となりました。
デイケア・ショート  山下 徹
 

京の川クラブ様 ☆パフォーマンス☆

デイケア・ロングの馬場です。

8月28日(木)デイケア・ロングに「京の川クラブ」様がお見えになられました!

初めてオアシスにお越し頂くボランティア様でしたので、ご利用者様だけでなく
スタッフも楽しみにしていました 
京の川2.JPG
本日は歌、踊り、漫談、マジックショーなど多くのパフォーマンスをして頂き、ご利用者様も大変喜ばれましたヽ(´▽`)/
京の川1-thumb-240x240-832 (1).jpg
歌、踊りでは「サザンカの宿」や「上を向いて歩こう」など、昔の歌謡曲を中心に発表して頂き、漫談ではご利用者様、スタッフの大きな笑い声がデイルーム内に響き渡っていました(笑)
マジックショーではご利用者様が真剣な眼差しで見入っておられ、1つのマジックが終わると大きな拍手が飛び交ってました☆彡
京の川3.JPG
あっという間に時間が経ち終わってしまいましたが、次回11月17日(予定)にお越しいただけるとのこで、ご利用者様もスタッフも楽しみにしております(^O^)

平野花火大会

療養科介護の妻鳥(めんどり)です。

まだまだ残暑厳しい毎日ですが、梨やブドウも目にするようになり少しずつ秋の訪れも感じられる様になりました。
今年は「なにわ淀川花火大会」が台風の為中止となりましたが、オアシス入所介護では恒例の花火大会を無事開催する事が出来ました。
IMGP9406.JPG
今回は、ご家庭の都合でご家族様の来所が少ないご利用者様を中心に行いました。ご利用者様も職員も童心に帰った様に楽しい一時を過ごさせて頂きました。
IMGP9520.JPG
今後もご利用者様に楽しんで頂けるイベントを開催したいと思いますので是非お楽しみに!!

平成25年度 大阪府無事故・無違反チャレンジコンテストで金賞を受賞

平成26年8月22日(金)に大阪市北区茶屋町の「ホテル阪急インターナショナル」で、大阪府が毎年実施している「平成25年度 大阪府無事故・無違反チャレンジコンテスト」の表彰式が開催されました。

このコンテストにオアシスグループも「自家用部門」に業務車両を運転する職員対象に平成24年度から参加しています。
平成24年度は「銀賞」を受賞、平成25年度は、なんと「自家用部門」で「金賞」を受賞しました!!(平成25年度のコンテストには、2,810事業所が登録、「自家用部門」では25事業所が「金賞」)

日々送迎車両や配食車両を運転する職員の方々の努力が実りました。

これからも、ご利用者様の安全・安心を目標に「無事故・無違反」を続けてまいります。
受賞名簿表紙.jpg
チャレンジコンテスト賞状.jpg
金賞 盾.jpg

「ヒヤリ・ハットとは?」の勉強会を行いました

8月15日に医療安全委員会主催による東大阪事業部の職員に向けた「ヒヤリ・ハットとは?」の勉強会をデイサービスオアシスきずりにて行い、17名の職員が参加致しました。

勉強会の様子及び内容についてご紹介したいと思います。
「ヒヤリ・ハット」の重要性について、典型的な事例を交えて職員同士で話し合いを
行い、意見交換をしました。最後にヒヤリ・ハット報告書の記入方法を確認し、
今後のアクシデント防止に役立てられる様、職員全員で再確認を行いました。
今回の勉強会のカリキュラムを紹介します。
題目 「ヒヤリ・ハットとは?」
  1.ヒヤリ・ハット概要
  2.活動の根拠
  3.典型的な事例について
  4.ヒヤリ・ハット報告書の記入方法について
  5.質疑応答
勉強会の様子です
bennkyoukai_01.JPG
bennkyoukai_02.JPG
 今回の勉強会で学んだことをしっかりと実践で生かしていきたいと思います。
Write By 介護士  鈴木 孝臣

生花【囲まれて】

140814_153127.jpg
















花 材
 実(赤・黄):ハナナス
 実(緑)  :ハスの実
 ピンク、緑 :シンビジューム
 深い赤   :リューカデンドロン
  赤    :ケイトウ
  

「第6回褥瘡を防ぐ勉強会」を開催しました

リハビリテーションの前田です。
オアシスでは褥瘡対策委員会があり、職員で日頃のケアについて情報交換を行い業務に取り組んでいます。
今回はその「褥瘡対策委員会」が中心となって、老健やグループホームに入所されているご利用者様の褥瘡を防ぐ勉強会を企画し、実施しました。その内容をご報告いたします。
「第6回褥瘡を防ぐ勉強会」
日 時 : 平成26年8月11日(月) 18時10分~19時10分
会 場 : 介護老人保健施設オアシス2階デイルーム
テーマ : 褥瘡を防ごう(身体にかかる圧の影響と対策)
講 師 : 田原 大輔先生(株式会社molten)
今回、「圧が身体に及ぼす影響・対策」や「体位変換の行う目的・対策」などご講義いただきました。講義は体圧分布をみる機械や体圧ずれ力測定器などで視覚的にもわかりやすく圧が身体に及ぼしている影響がよくわかりました。
260811 褥瘡勉強会①.jpg
また、寝返りがご自身でできない人は圧が同じ所にかかってしまうため、体位変換の必要性も実感できました。
その他に背抜きや圧抜きやポジショニング方法など実践しながら解説いただいたので、ポイントが理解しやすく、現場ですぐに使えると感じました。
260811 褥瘡勉強会③.jpg
今回の知識をいかし、他職種とケアのしかた(体位変換のしかたなど)を話し合い、よりよいケアを提供していきたいと考えました。

生花【そよ風】

DSC04192.JPG














花 材
 白い房  :パンパス
 ピンク  :トルコキキョウ
 濃いピンク:チース
  白   :リューカデンドロン
 赤い実  :ヒペリカム
  葉   :ドラセナ